ホットライン法律事務所













































































● 交通事故に遭ってしまったら・・・




【交通事故の初期対応について】

警察を呼ぶ・けが人の介護・二次災害の防止

 交通事故に遭ってしまう、あるいは、交通事故を起こしてしまったら・・・
 誰でも動転してしまいます。あるいは、追突等をされた場合には、カッとなってしまうこともあるかもしれません。
 しかし、必ずやっておかないといけないことがいくつかあります。これをしておかないと、刑事罰に問われたり、後に過失割合が問題になった時、証拠が不十分で紛争解決が長期化してしまうことになりかねません。

《やらなければいけないこと》

(1)警察を呼んで事故を報告する。
(2)救急車を呼んで、けが人の介護をする。
(3)事故車を移動させ、車道の往来を確保する。
(4)保険会社に連絡する。





(1)なぜ、警察を呼ぶのか?



 報告義務があるのはもちろんですが、警察に調べてもらわないと大切な「事故証明書」を発行してもらうことができません。
 事故証明書は、任意保険会社や自賠責保険会社に対し、保険金を請求する場合に必要な書類です。
 また、人身事故の場合には、警察が実況見分調書を作成しますが、後に実況見分調書が過失割合を定める上で重要な証拠となる場合があります。
 交通事故の相手方から事故現場で「内々に処理して、示談をしよう」等と持ちかけられたりしても決して乗ってはいけません。




(2)なぜ、救急車を呼ぶのか?



 けが人を救護する義務があるからです。先に述べた報告義務違反もそうですが、救護義務違反は重罪で、これを犯すといきなり刑務所ということもあり得ます。
 また、救護しなかったことによって、被害者が重篤な状態に陥ったり、死亡したりすると、適用される刑が重くなったり、被害者側の処罰感情が高くなり、より厳しく処罰される可能性が高くなります。
 さらに、民事上の賠償責任を負わなければならない場合に、ひき逃げを行うと慰謝料が増額されます。
 このような理由から、世間でいう「ひき逃げ」は決してやってはならない行為なのです。 




(3)なぜ、事故車を移動させるのか?



 車が破損して移動できない場合は別として、道路をふさいでしまうと、渋滞が発生してしまいますし、2次的な事故が発生する可能性があります。2次的な事故が発生した場合で、事故車両を移動しなかったことにより、2次的な事故が発生したと評価されてしまいますと、2次的な事故の責任をあなたが負う可能性もあります。道路の端等に移動させて、往来の確保に努めましょう。


(4)なぜ、保険会社に連絡するのか?



 日本の保険会社の事故対応は総じて優秀ですし、適切なアドバイスを受けることができます。
 また、事故直後は、どうしても当事者同士の関係が悪い状態ですので、保険会社に間に入ってもらい被害者対応を行うのが望ましいところです。

【初期対応から紛争解決に向けて】
 以上が基本的な交通事故の初期対応です。一律に、以上の手続きで足りると断言はできませんが、警察及び保険会社のアドバイスに従って、適切に行動して下さい。
 これらの行動をきちんと行っておくと後々、交通事故を解決するにあたり(当事者同士又は相互の保険会社同士で)紛争が生じた場合でも裁判所が過失割合等を判断しやすくなります。
 また、怪我をされた方や事故後、体の変調を感じた方は、医師の診断を受け、異常を感じる部位のXPやMRIを必ず撮影しておいて下さい。「過失割合」とともに、交通事故紛争の中心となる「治療期間・症状固定」「後遺障害認定」で、医師の客観的診断結果(カルテ・MRI・XP・CT等)は大変重要な証拠となってきます。
 交通事故の具体的な紛争解決方法については、別に項を設け、解説していきたいと考えています。